Gitコマンド虎の巻

git pull

git pullは、リモートリポジトリの変更点をローカルに持って来るコマンドです。

プルを実行すると、ローカルリポジトリ、インデックス、ワークツリーが更新されます。

構文

git pull [リポジトリ] [ブランチ]
【オプション】
オプション説明
--helpコマンドのヘルプを表示する

サンプル

configの内容に従いプルする

git pull

引数を省略した場合は、.git/configファイルの設定に従ってPULLされます

リモート「origin/master」の内容をプルする

git pull origin master

備考

  • git pullは、フェッチとマージを連続で実行したことと同じです。

関連項目

  • git fetch:リモートリポジトリの内容を追跡ブランチに持ってくる
  • git merge:現在の作業ブランチに他のブランチの更新内容を統合して履歴を合流させる