Gitコマンド虎の巻

git branch

git branchは、ブランチを操作するコマンドです。

ブランチの確認、編集、作成、削除などができます。

構文

git branch [オプション] [値]
【オプション】
オプション説明
-a
--all
ローカルブランチとリモートブランチの両方を一覧表示する
-r
--remote
リモートブランチの一覧を表示する
--mergedHEADにマージ済みのブランチ一覧を表示する
--no-mergedHEADにマージされていないブランチ一覧を表示する
-d
--delete
ブランチを削除する
-Dブランチを強制的に削除する
-mブランチ名を変更する
--helpコマンドのヘルプを表示する
-vブランチ毎の最新コミットIDとメッセージを表示する
-vvローカルブランチと追跡ブランチの対応一覧を表示する

サンプル

ローカルブランチの一覧を表示する

git branch

表示結果のブランチ名の先頭に「*」が付いているブランチがカレントのブランチです。

リモートブランチの一覧を表示する

git branch -r

git branch -r で表示されるブランチはリモートのブランチではなく、
 追跡ブランチというリモートのブランチを追跡するためのローカルにあるブランチです。

ローカルブランチとリモートブランチの両方を一覧表示する

git branch -a

ブランチ「eda01」を作成する

git branch eda01

ブランチ「eda01」を削除する

git branch -d eda01

ブランチ「eda01」を強制的に削除する

git branch -D eda01

現在のブランチの名称を「eda02」に変更する

git branch -m eda02

ブランチ「eda01」の名称を「eda02」に変更する

git branch -m eda01 eda02

ブランチ毎の最新コミットIDとメッセージを表示する

git branch -v

ローカルブランチと追跡ブランチの対応一覧を表示する

git branch -vv

備考

  • 作成したブランチをリモートに反映させたい場合は、git pushコマンドを使用します。
  • ブランチを作成することを、「ブランチを切る」と言います。