Gitコマンド虎の巻

git blame

git blameは、ファイルの変更履歴を確認するコマンドです。

構文

git blame [オプション] <ファイル名>
【オプション】
オプション説明
-e変更者のメールアドレスを表示する
-fファイル名を表示する
-n行番号を表示する
-t変更日時をミリ秒表示とする
--helpコマンドのヘルプを表示する

サンプル

「Test01.txt」変更履歴を確認する

git blame Test01.txt 0a745171 (taro 2019-04-28 02:02:18 +0900 1) hoge01 16f69572 (taro 2019-05-01 23:34:41 +0900 2) hoge02 b038de24 (taro 2019-05-02 16:15:35 +0900 3) hoge03

左から、コミットハッシュ、コミットユーザ、コミット日時、連番、変更内容 が表示されます。

「Test01.txt」変更履歴を確認する(ファイル名も表示)

git blame -f Test01.txt 0a745171 git/Test01.txt (taro 2019-04-28 02:02:18 +0900 1) hoge01 16f69572 git/Test01.txt (taro 2019-05-01 23:34:41 +0900 2) hoge02 b038de24 git/Test01.txt (taro 2019-05-02 16:15:35 +0900 3) hoge03

備考

  • コミットされた変更が、行単位で表示されます。
  • git blameは、バグ発見時の犯人捜しに便利です。