Gitコマンド虎の巻

git config

git configは、Gitの設定を確認・変更するコマンドです。

構文

git config [オプション] [値1] [値2]
【オプション】
オプション説明
--systemSystemの設定内容を対象とする
--globalGlobalの設定内容を対象とする
--localLocalの設定内容を対象とする
-l
--list
設定一覧を表示する
--helpコマンドのヘルプを表示する
--get設定値を表示する

サンプル

有効な情報一覧を表示する

git config --list

git config --listで表示される情報は、「.git/config」ファイルの中身です。

Systemに設定された情報一覧を表示する

git config --system --list

「user.name」に設定されている名称を表示する

git config user.name

「user.email」に設定されている値を表示する

git config user.email

「user.name」に設定されている名称を「taro」に変更する

git config user.name taro

globalに、Gitユーザ「taro」を設定する

git config --global user.name taro

globalに、メールアドレス「taro@mail」を設定する

git config --global user.email taro@mail

備考

  • configの設定情報は以下の3段階に分かれています。
     system:システム全体
     global:ユーザ全体
     local:対象リポジトリのみ
  • 設定の優先順は、「system < global < local」です。(スコープの狭い方が優先)